ばにらんぶん

2021年2月から隔週で教室に通い、イラストやまんがを練習中。完成や描きかけ等をさらしつつ、読んだまんがやラノベの感想を書いていきます。

感想:「ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた。」

同タイトルのラノベは未読で、コミックス版についての感想を書いていきます。

2021年4月現在、5巻まで発行されています。

 

作品情報

原作: えぞぎんぎつね

漫画: 阿倍野ちゃこ

出版: スクウェア・エニックス

レーベル: ガンガンコミックスUP!

 

ざっくり内容

 魔神王を倒すため戦っていた勇者たち3人。しかし不利な戦況の中全滅を防ぐために魔導士は言う。

「ここは俺に任せて先に行け!」

そう言ってから10年過ぎて生還した彼が街に戻ると、かつての自分が英雄化され伝説になっていた?!

死んだことになっていたため、主人公は心機一転イチから冒険者として始める決意をした。

 

おすすめポイント

お話ももちろんワクワクしながら読めますが、なんといっても絵がすてき!

勇者様のエイジング(イケメンって年とってもイケメンなんだな!)とかすごいし、女子の太ももとかふんどしとか、目も幸せ。

次から次へと事件に巻き込まれていきますが、トラブルに好かれるという類ではなくどちらかというと芋づる系。お話の先がどんどんと気になっていくところも魅力だと思います。

 

 

全体の感想

正体を隠したり、それとなく後進を育てたり、自ら戦ったり、誤解を解いたり。

魔導士さまは大忙しです。

女の子たちもアクションで大活躍します。その姿もかっこよくて応援したくなります。

全体通してわくわくしながら気持ちよく読み進められる作品だと思います。

普段はガサツで、決める時には決める王妃様がわたしは一番好きだなぁ。(聡明そうな第一王女も好き)

 

 

リンク