ばにらんぶん

読んだまんがやラノベの感想を800字以内で書いています。

感想:「ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん」4巻感想 ※ネタバレ含

アニメ化決まったそうですね!おめでとうございます~!

楽しみ!

 

そんなツンリゼ、今週新刊4巻でました!待ってました!表紙から素敵!

3巻までの感想はこちら↓

vanilla-mocha.hateblo.jp

 

作品情報

原作: 逆木ルミヲ
漫画: 恵ノ島すず
出版: KADOKAWA
レーベル: B's-LOG COMICS


感想

ゴリr…じゃない、フィーネちゃんが!バルの気持ちを全部聞いてしまったぁああ!末永くお幸せに、だよほんと。よかったな、バル。

ていうか、リゼたんの言うことを忠実に聞くフィーネちゃんも可愛かったぞっ!俺は百合も好きなので百合ルートでも構わんがな。(おい)


神々の声を直接聞けるようになって、いよいよ物語の中核に入ってく感じがします。
ていうか3巻に出てきた現代の謎の男はいったいなんなんだ?フィーネちゃんもなんだかそやつとかかわりがあるようだし…。

 

展開していくお話の中核にはリゼたんと古の魔女がいるわけで。リゼたんしばらくずっとしんどそうでかわいそう。59ページ「殿下は私のことなどどうとも思っておられない…!」と物陰で聞いてしまった殿下のショックすぎる顔は、胸が張り裂ける思いでした。何を言っても聞いてもらえないと思った王子…その行動、素敵ね。

しかもお姫様抱っこ!!

106ページもまあ良かったけど、わたしの胸にズガンときたのは112ページ!リゼたんの歴史が詰まった上でのお姫様抱っこされ。(され?)

よし、王子よく言った!「わたしはきみの側にいるから」OKありがとう。

 

ただ今後、攻略対象のショタ枠と年上枠を仲間に引き入れないとどうも古の魔女の件は解決しなさそうで?でもさ、攻略対象ってヒロインであるフィーネちゃんが攻略するんじゃないの?もうバルと恋仲なのにそれでええのん?

ああん、5巻はよーー!

 

巻末番外編でお母様初登場!濃いわー…w

 

 

リンク